平野部の冬・雪が降るのも冬だものと思います

お正月としては暖かい数日をすごして通常生活、この冬の天気は暖かいのか昨年のようなぽかぽか、どちらかなと思っていました。
12月の長期予報には寒い冬という予報でしたけれど、12月の中旬から下旬にかけては秋の様な暖かい気温。

なので1月も3が日くらいで寒さの緩いシーズンと考えていたけれど、週末の連休になってみたら日中は一桁の連日、一日の低め気温も標準です。
ここ数年の冬から考えてみると、平野部でも雪が降る予報が多くなっていますね、平野部でも雪が増える気象に変化したのだろうと思います。

温暖という東京や周辺でも冬の雪は普通の感覚でもある、寒くなったら都内で降っても自然だなと感じるようになりました。
多い量の雪では数年前のドカ雪が印象的だし、あれくらい多い雪を経験すれば多少降っても冬だものと思うこの頃です。

1月は小寒や大寒という季節、都会の平野部は以前より寒いと感じますが、北海道や北陸は雪も多くて気温も低いと思えばすごせる気がします。
寒ければ鍋もあるし、冬グッズもある現代はよい時代ですね。お金借りる どこがいい